手っ取り早く手放す方法|マンション買取を利用する

手のひらの住宅

住宅ローンの仕組み

設計図と模型

住宅ローンは土地や建物の購入、新築などにかかる代金を信用によって金融機関から融資してもらいます。その際、期限の利益というものがあります。ローンを組むと金融機関へその分返済をする義務が発生し、毎月いくら返済するという取り決めをして少しずつ返済していくことになる訳です。つまり期限までは返済を待ってもらえることになり、これが債務者にとっては利益ということになります。住宅ローン返済を期日まで待ってもらえるという債務者にとっての期限の利益ですが、これを守らずに返済を怠ると債務者はその利益を失うことになります。これが期限の利益の喪失です。期限の利益を喪失してしまうと定められた約束を守らなかったわけですから、債権者は債務を全額返済するように求められることになってしまいます。

住宅ローンを組んで毎月支払っていた分を払えなくなった場合、1ヶ月分でも返済が難しいのですから当然全額の返済などできないのが通常です。そうしているうちに金融機関は保証会社に対して返済を求めます。これを代位弁済と言いますが、保証会社はその代位返済した分の代金回収のために当該の物件を競売にかける手続きをすることになります。住宅ローンが支払えずにマイホームが競売にかけられることになると物件の内容が公表されてしまいます。そのため多くの人に知られることになるでしょう。この競売よりも有効的に家を売却する方法として任意売却があります。これは競売で落札される前に債権者などとの合意のもとに適正な価格で売却することが可能で、しかも他人に知られることも無いというメリットがあります。そのため、物件を手放さなければならない場合は任意売却を選択した方が良いです。任意売却では周囲に知られる心配がない他、そのお金を住宅ローンの支払いに充てることも出来るので競売よりもお得になるといえるでしょう。